前へ
次へ

家族同然だからペット葬

ペットが亡くなってしまったとき一昔前は、焼却場へ持ち込んだり小動物なら埋葬したりしていました。ただいくら庭に埋葬すると言っても、大型犬などは衛生的に問題があります。また保健所に持ち込んだ場合は他の殺処分の動物たちと一緒に焼かれてしまいます。ペット葬はこんなペットの死を家族の死ととらえる人達のために生まれました。人気を集めている理由は火葬から納骨まで人の葬儀と同じように扱うからです。そんなペットへの想いを大切にして生まれました。ペット葬の一般的な流れはペットが亡くなったとき業者に連絡をします。そして個別と集団火葬の選択や、火葬の立ち合いの有無などの葬儀の内容を決めます。安置したペットを早く迎えが来るようであれば問題はありません。ただ夏場で安置が長引く場合は、ドライアイスなどで遺体の保全を心掛けます。お迎えが来たら亡きペットの遺体を車に運びます。火葬車が到着した場合はその場でお別れです。会場で火葬する場合は取り決められた日に火葬されます。なお棺桶の中には亡きペットのおもちゃを入れることができます。

Page Top